キャッシングはスキミングで可能だったりしますか

キャッシングってスキミングとかで情報を盗んで行う事って可能ですか?スキミングで氏名とか住所とか勤務先が分かればキャッシングは申し込めちゃうんでしょうか?

カード番号や暗証番号スキミングで不正利用が可能!

スキミングというのは磁気カードの情報を盗み全く同じ情報のカードを不正に作成して利用するというものです。クレジットカードのスキミング被害が良く知られているのではないでしょうか。クレジットカードでのスキミング被害はショッピング利用だけ、と思っている人もいるかもしれませんが、実はクレジットカードを持っている人でキャッシング枠を設定している場合、キャッシングの不正利用も行われてしまう可能性があるのです。
(⇒その他の融資の危険性について

クレジットカードでキャッシングを行う場合、カードと暗証番号があれば簡単にお金を引き出すことが出来ます。海外で不正利用されるケースも少なくありません。仮にスキミングによって情報が盗まれてしまったことが原因でキャッシングが行われた場合、それを自分が行っていないことを証明することをしなければいけません。

証明するのはとても大変です。自分が明らかに国内にいることがパスポート等で示すことが出来ても、自分が誰かにカードを貸した可能性というのを疑われることもあります。スキミングでのキャッシング被害は被害の証明が難しいという事もありますから、暗証番号は定期的に変更するなど知られにくいものにする工夫をしておきましょう。スキミング被害に気付いたときには速やかに報告することも大切ですよ。

キャッシングのスキミングとはどのようなものか

キャッシング被害の1つにスキミングと呼ばれる手法があります。これはカードの情報を抜き取ってコピーし、それを不正に使用するというものです。犯罪であるため、この方法の被害では限度額ギリギリまで使われてしまうことが多いです。

カード被害の中で、盗難にあった場合はカードが手元からなくなるため気付くことができますが、スキミングではカードに記録されている情報だけが抜き取られます。そのため、被害にあっていることに気付きにくく、利用明細が届いてから不正利用に気付くということがほとんどです。

データを抜き取られるタイミングとして多いのがカードが手元から離れているときです。スポーツジムやゴルフ場などで荷物をロッカーに預けている間にデータだけを抜き取るようなことがあります。中には経営者が係わっており、鍵のかかったロッカーから抜き出していたケースもあるので注意が必要です。

カードを利用する際にはCATと呼ばれる機械を使用しますが、これにデータを抜き取る機械が仕掛けられていることもあります。そのため、カードを使用するときには目の前でCATに通してもらうようにします。海外でカードを使う場合、便利だからとカードを使いがちですが、飲食店などでは店員が一度カードを店の奥に持って行ってしまうため、危険性が高くなります。

また、カードを手元にずっと持っていても安全ではありません。中にはカードにかざすだけでデータを抜き取れる装置もあるため、満員電車の中などでカバンなどに入れているカードからいつの間にかデータを抜かれていることもあります。

対策としては、カードの使用明細は必ず確認するようにし、異常が見つかったらすぐに連絡してカード会社に対応してもらうようにします。古いカードはデータが抜き取られやすいため、ICチップを使用している新しいカードに切り替えるようにします。また、暗証番号も推測されにくいようなものに変更しておき、カードをコピーされても簡単には利用できないようにしておく必要があります。

【参考ページ】
カードローンを使う上で回避が難しい危険性とは?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.