キャッシングとかローンを組めるのは誰?

キャッシングベスト3

キャッシングとかローンを組めるのは正社員だけなんでしょうか

キャッシングとかローンを組める人って審査に通った人っていう事ですよね。審査って簡単に通らないって聞くので、やっぱりちゃんとした人しかダメっていうことになりますか?

正社員として働いてないと審査に通るのは難しいでしょうか。まだアルバイトなんですけどキャッシングは無理ですか。

キャッシングはアルバイトでも利用可能な場合がある!

キャッシングやローンは正社員じゃなきゃ利用できない、そう考えている人もいるようですが、パートの人、アルバイトの人も利用できるようになっているんです。すべてのキャッシングやローンがそうという事ではないのですが、カードローンのような比較的少額で担保や保証人が必要ないのキャッシングであればパートやアルバイトの人が利用できる場合が多いですね。ただし、安定した収入は必要になってきます。毎月の収入が一定の金額得られてる場合に利用できるという事になります。

キャッシングやローンをアルバイトの人が利用する場合には注意点があります。その1つが返済金額をしっかりと把握するという事です。利用前に返済金額を把握しておく事が必要なのは、返済は借り入れ金額よりも多い金額になってしまうためですね。借りた金額だけ返せばいいという事ではなくて、金利分を上乗せしなければいけないので返済シミュレーションをして最終的にいくら返済するのか、毎月の返済金額はいくらになるのかと言うことを把握しておくことが大切になってきます。

キャッシング利用中でもローンが組めるのか

キャッシングを利用していると、車の購入や教育資金、住宅購入などのいろいろなローンが組めなくなるのではないかと心配する人がいます。これは、貸金業規制法にある総量規制のことを知っている人が特に気にかけていることです。総量規制というのは、キャッシングを利用しすぎないようにある程度の制限を加えるための法律で、利用者は自身の年収の3分の一以上の融資が受けられないことになっています。(参考ページはこちら→融資限度額の制限について

つまり、年収が300万円の人は100万円以上の借り入れができないということになり、これまで信用があればいくらでも高額の融資を受けることができていた人にとってはかなりのダメージとなっています。また、この規制は利用者が複数の業者から借入をしている場合、その借り入れ総額に対して判断しますので、年収300万円の人が二社から50万円ずつ借り入れている場合、他の借り入れができないということになります。

ただし、この規制は基本的にはキャッシング系の融資に対してかけられているもので、上記のような目的別の融資やおまとめローンといったものは借り入れ金額に関係なく、審査に通れば組めるようになっていますので心配要りません。もちろん、目的別のローンを申し込んだときに、既に借金がある人というのは審査の基準ではマイナスポイントになってしまいますが、滞納をせずにきちんと支払っていたり、一箇所への勤務が長かったり、年収がきちんと返済できるくらいあるなど、支払い能力があると判断されたときにはきちんと融資を受けることができます。(参考ページはこちら→融資審査に通る為の必要基準

とはいえ、全く借り入れがない人に比べると不利であることには違いありませんので、本格的なローンを利用する予定がある人は、できるだけ早めに他の借り入れについては完済するように努力しましょう。元々キャッシングは高利の融資ですので、早い段階で返済をして利息の負担を軽くするというのとは、新たなローンを組む上でも重要なポイントになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.