銀行カードローンの審査には基準がある?

キャッシングベスト3

銀行カードローンの融資審査って何か基準があるんでしょうか?

激務から体調を崩して退職を余儀なくされ、再就職もなかなかできず契約社員で食いつないでいます。収入もガクッと減ってしまい、金銭的に苦しいので銀行のカードローンを利用しようといくつか申込んでみたのですが、なかなか審査に通りません。銀行カードローンの融資審査って何か基準みたいなものがあるんでしょうか?

カードローン審査の基準になるのは返済能力です

確かに銀行カードローンの融資審査にはある程度の基準がある。法律とかで決まってるようなものじゃないから、銀行によって少しずつ違うんだけど、大枠はいっしょだと考えていいと思うよ。カードローンの審査で何よりも重視されるのはその人の返済能力だ。これはどこでも基本変わらない。で、どこからその返済能力を判断するのかってことだよね。ポイントとして大きいのは2つ、現在の生活状況と過去の借入歴なんだ。

まず生活状況については、申し込みの時にいろいろと申告するよね。勤務先や勤続年数、それから年収と言った仕事に関する情報と、それから自分自身の個人情報、住宅事情や家族構成なんかも聞かれることがあるかな。こういう様々な情報から、多角的にその人の経済力を審査するんだ。中でもいちばん大事なのは安定した基準以上の収入を得ているということ。

そして過去の借入歴については、自己申告だけじゃなくて銀行側も情報照会をする。過去の借入歴っていうのは信用情報と呼ばれる情報の一部で、それらは専門の機関で管理されて金融機関同士が共有できるようになってるんだ。だからいつどこに借入の申し込みをしていくら借りたとか、あるいは返済を延滞していたことがあるとか、すぐにわかってしまう。もし知られたくない情報があったとしてもごまかしようがないんだよね。万が一ウソの申告をしたことがばれたら、それだけで審査を通らなくなりかねないし。

さて、以上を踏まえてキミが融資審査に通らない理由を考えてみると、やっぱり現在の生活状況に問題がある可能性が高いんじゃないかと思うな。最近ではパートやアルバイトでも借入ができる銀行カードローンが増えているとはいえ、一定以上の収入と勤続年数は必要になることがほとんどだから。まぁ最初に言った通り審査基準は銀行によって違うから、ネットの情報なんかも参考にして借りやすそうなカードローンを探してみてはどうだろうか?

銀行で融資を受ける基準って?個人事業主の場合

個人向けの小口融資ならば、銀行では専業主婦の方にも融資するなど間口が広いのですが、事業資金となると話は別になります。事業資金専門のローンがあるということは、審査基準もそれなりに厳しくなってくるのです。

借入側の社会的信用やキャリアは言うまでもありませんが、個人向け融資と大きく違うのは、事業計画書や保証人が必要ということです。事業資金の返済は、事業の利益などから出るものですので、当然、それなりの利益が見込める事業計画でないと銀行は融資をしてくれません。思い付きで始めるような、計画性のないあやふやな事業内容では、返済不能に陥る危険性があるからです。

また、保証人や担保も重要なポイントです。創業資金や運営資金でも、数百万円単位のお金が動くわけですから、無保証人、無担保で融資する銀行はまだまだ少数です。保証人、担保なし、というところは、銀行が提携している保証会社の保証を受けられることが条件となっています。

個人向け融資にも言えることですが、銀行側は返済能力を見定めています。500万円で足りるけど、余裕を持って1000万円融資してほしい、と希望しても、事業計画がしっかりしていなかったり、見込利益が低ければ、希望額が借りられないどころか、銀行側の心証を悪くしてしまいます。

自分で計画書を作るのに自身がないという人は、事業計画書作成の手引きや、専門家に相談しながら、銀行側が納得するものを作りましょう。事業の初めての取引先になるのは、銀行なのですから。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.