専業主婦は無職でもキャッシング出来るの?

キャッシングベスト3

専業主婦って無職だけどキャッシング出来るの?

私は専業主婦でずっと家にいます。特に仕事をしているわけじゃなくて収入と言うのは主人の収入だけになってしまいます。

こんな状況なので無職っていう風にも言えるのですが、私でもキャッシングをすることは出来るんでしょうか。すぐに利用したいっていう事じゃないんですけどいざという時に使えるのかどうかを知っておきたくて。
(⇒仕事をしていない主婦の融資申し込み

専業主婦でも利用出来るキャッシングはあります

専業主婦で安定した収入が無いという事になれば基本的にキャッシングを利用すること、審査を通過するという事は難しくなってしまいます。「安定した収入がある」そして「継続した収入がある」この要素はキャッシングする上で極めて重要なものとなっているためですね。この2つが欠けてしまっている無職、そして専業主婦がキャッシングを利用するというのはかなり厳しいという事が分かるのではないでしょうか。
(⇒キャッシングをする上で大事な事は決まっている?

そもそも、消費者金融や信販会社のキャッシングを申し込もうと思ったら総量規制の関係で年収の3分の1までの金額しか利用できないという事が法律で決められてしまっているので、収入がゼロであればキャッシングできる金額もゼロになってしまうんですけどね。ただ、専業主婦でも利用できるキャッシングが無いという事ではありません。ご主人に収入がある、その収入が安定していて継続的なものであるということであれば、配偶者貸し付けという方法によってキャッシングを利用できることがあるのです。

配偶者貸し付けというのは、配偶者に収入があった場合申し込み者と合算した収入の3分の1を上限としてキャッシングできるというものです。もちろん、上限は3分の1ですし配偶者貸し付けの制度を使っても専業主婦の場合は最大10万円まで、と制限を設けているキャッシング先もあるのですが、利用できる可能性がゼロではないという事であれば希望が出てくるのではないでしょうか。

ただし、配偶者の収入を証明する書類の提出が必要になったり、配偶者の同意書が必要になったりすることがあります。配偶者に内緒で利用できる場合もないとは言えませんが、基本的には配偶者の理解を得た上でキャッシングを利用するという事になるという事を認識しておきましょう。

無職の専業主婦が利用できる個人向けキャッシングとは?

金融業者が提供している個人向けキャッシングは、担保物件や連帯保証人を必要としない商品です。運転免許証等の身分証明書1点での申し込みが可能で、当日中に結果が判明するスピード審査が中心です。1万円からの申し込みを受け付けている商品も少なくはないので、少しだけお金が足りないという場合の利用に向いています。個人の生計費としてであれば、基本的には自由に利用できます。

キャッシングは20歳以上の安定した収入を持つ人を対象とした商品であり、アルバイトや派遣社員といった非正規雇用の人でも問題はありません。毎月決められた金額を返済するという事がルールなので、それに対応出来る収入を得ている事が利用するための条件となります。このために、全く収入を得ていない無職の人は対象からは外れています。

ただし収入を得ていない場合でも、専業主婦の場合は利用できるキャッシングも用意されています。銀行が提供している個人向けキャッシングである銀行カードローンは、専業主婦を対象としているケースがあります。一般よりも融資額の上限を10分の1程度に制限しているのが特徴です。

申込み時に必要となるのは専業主婦自身の身分証明書だけであり、配偶者の同意書や収入証明書等の提出は必要がありません。また、配偶者の勤務先に在籍確認の電話がかけられる事もないので、誰にも知られずにキャッシングを利用したい専業主婦に向いている内容です。商品ごとに条件設定は異なっており、申し込む前の確認が必要となります。

消費者金融やクレジットカード会社の商品は、貸金業法という法律により規制されています。貸金業法は2010年に新しい内容のものが施行されており、総量規制という規則が加えられています。総量規制とは借入総額を年収の3分の1以内に制限するという内容であり、安易な借り過ぎにより債務整理等を行わないようにするために施行されています。このために、貸金業者の商品は、無職の専業主婦は対象からは外れています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.