低額のキャッシングだと、消費者金融と銀行のどっちがいいの

10万円ほど融資を受けたいのですが、低額のキャッシングだと、消費者金融と銀行のどっちがいいのですか?利用している銀行口座のATMにも、キャッシングのお誘いが表示されていました。こちらなら今すぐ融資を受けられるようで、とても迷っています。

銀行と消費者金融にもよりますが、基本的に銀行をお勧めします

最近、こういったお問い合せを非常によく頂きます。銀行と消費者金融にもよりますので、一概に断定はできませんが、基本的には銀行をお勧めしています。一般的に「消費者金融よりも銀行の方が金利が低い」とは言われていても、やはりまちまち。全ての銀行系が同じ金利ではありませんし、それは消費者金融も同様です。しかし銀行系の多くは、金利の適用条件を明確にアナウンスしています。

例えば三菱東京UFJ銀行バンクイックの金利は、4.6%から14.6%。経営者や個人事業主でもない限り限度額は50万円で十分でしょうから、適用される金利は10万円以上50万円以下なら最大の14.6%となります。これだけ聞くと「意外と高い!」と思われるかもしれません。しかし、消費者金融の多くは、その金利の適用条件すら明らかにしていないのが現状なのです。
(⇒やはり迷ったら銀行?

某消費者金融の金利は4.7%から18.0%。確かに銀行の方がお得な筈なのに、金利の適用条件を明らかにしていないため、「もしかしたら、銀行よりお得かも?」と錯覚させることに成功しているのです。総量規制が導入され、利用者に優しいサービスになったとはいえ、まだまだ銀行系の方に分があると私は判断します。
(⇒消費者金融も選ばれている理由

低額キャッシングなら簡単に合格することができる

キャッシングは自分の年収次第で審査に合格できるかどうかが決まるので、年収が高い人ほど審査は通りやすくなります。しかし、低額を借りる場合ならそれほど審査に不安を感じる必要はなく、所得が低い人でも審査に合格しやすくなります。

最初に低額について少しだけ説明しておきますが、大体いくらの金額が少額と言えるのか?ここは気になるポイントだと思います。目安として100万を見ておくと良いです。100万を超える場合は大口融資と言えますし、100万以下なら少額、つまり小口融資だと言えます。
(⇒やっぱり最初の融資で大金は厳しい?

さて、キャッシングの申し込みについてですが、これは審査に合格しやすい会社を選ぶなら収入証明不要で申し込める会社を選ぶと良いです。そうすると、所得が低い人でも合格しやすくなります。銀行キャッシングなどを探していくと収入証明不要は簡単に見つけることが出来ます。この内容で申し込むと審査で収入が不問になるので合格しやすいわけです。

収入証明不要という内容はどの会社でも申込時の限度額には一定の制限があります。50万までなら収入証明不要で申込可能、他社と総額で100万までなら申込可能など、基本的には低額の限度額な内容となっています。もし、小口融資を希望するならこの内容で申し込みをすると身分証明だけで申し込みを行うことが出来ますし、審査も合格しやすくなるのでとてもおすすめな申込方法です。

上記の申込方法を利用するときは2点だけ注意しておきたいことがあります。それは信用情報に問題が無いこと、他社で借り入れしている金額が無いか少額であること、この2つのポイントがかなり重要です。信用が薄い人だと審査に通ることが難しくなりますし、他社でお金を借りている場合もその金額次第では合格が厳しくなります。
(⇒審査に落ちる理由は実はたくさんある?

少額のキャッシングは収入証明不要なら簡単に持つことができるので覚えておくと良いです。また、もっと大きな金額を借りたいときは増額をすることで限度額はふやせます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.