上限金額で決めるキャッシングの基準とは

キャッシングベスト3

上限金額で決める基準のキャッシングとはどういうことなのか

手持ちのお金が足りなくて困っている40歳の会社員の男性です。キャッシングを利用したいと思っています。噂で上限金額を決められるって聞いたんですが、それはどういうことでしょうか?何を基準にしているんですか?(参考ページはこちら→融資によって定められた基準

上限金額で決めるキャッシングとは限度額の事です

働いていれば誰でも年間収入というのがありますね。いわゆる年収の事です。キャッシング審査では必ず1人1人に対して限度額を設定します。年収というのは年齢や職業で色々違ってきますので、年収が高ければ高いほど限度額は高く設定されます。反対に年収が低ければそれなりに限度額は低くなります。

クレジットカードのキャッシングサービス付きの場合は限度額は殆どが50万円までの設定が多いです。私もパート労働者で現在クレジットカード・キャッシング付きを所持してますがやはり限度額は50万円で設定されています。クレジット会社では60万円以上のキャッシングサービスは提供していません。
(⇒職業によって融資限度額も決まる?

消費者金融の場合、会社によって限度額のばらつきがありますので、何とも言えませんが、最高500万~800万までが相場と言えます。1000万円以上という所は私個人は聞いたことがありません。

クレジットカードキャッシングの場合、私が新規に申し込んだときにはやはり上限額は50万まででしたね。クレジット会社ではキャッシングの上限額の枠がそれで精一杯なのでしょう。もしかしたら未来にはクレジットキャッシングでも上限額の枠が更に上がる可能性もないとは言い切れません。

銀行系でもやはりばらつきがありますので、上限金額は500万~1000万が相場になります。

どんなことでもそうなんですが、キャッシングには必ず誰でも限度額は設定されます。その基準には何といっても申し込んだ人個人の年間収入が大いに関係しています。ですからどんなに自分の希望の限度額を申し出たとしても、金融業者は希望額に応じられないこともありますので、そういうことは覚えておいてください。

お金が一時的に足りなくなってこういったクレジットキャッシング、消費者金融、銀行系がいざと言うときに提供してくれることは本当にありがたいと金融業者に感謝しつつ計画性を持ってキャッシングを利用しましょう。

キャッシングを利用するときは上限金額・限度額のことも視野に入れるべきです。一度に限度額一杯に借りるのではなく、上手に必要な本当に足りない分だけキャッシングをしたほうが後々の返済も楽で済みます。

安易な気持ちで複数社キャッシングするのは危険です。なるべく1本に絞って、自分の返済能力を確かめてから改めてキャッシングしてください。カードの場合は紛失などしないように再三の注意が必要です。自己責任は自分にしか出来ません。絶対に自分に厳しくして常に責任感を強く持ってください。

上限金額で決めるとお得なキャッシング会社

ローン会社を選ぶ際の基準の一つに、キャッシングの上限金額で決めるという人は少なくありません。小口で複数のローン会社からお金を借りるよりも、一つのローン会社からまとめて借りた方が金利が低くて有利だからです。また、複数から借りると煩雑になりがちですが、一つに絞れば整理しやすいというメリットもあります。
(⇒以上の点を利用した借り換えローン

キャッシングの上限金額は金融機関によってまちまちです。30万円程度の少額の金融機関もあれば、1000万円という高額を設定している金融機関もあります。したがって金利も含めてじっくりと比較してみる必要があります。

キャッシング上限が30万円前後までの少額の場合は、仕事をしていない学生ローンや主婦を対象としたローンの場合が多いようです。また、地方の小さなローン会社の場合は、100万円前後を上限に設定していることが多いようです。平均すると、300万円前後を上限としている金融機関が多いようです。

さらに、その上となる500万円、800万円、そして1000万円と続きます。ちなみに現在、1000万円を上限に設定しているのは住信SBIネット銀行とみずほ銀行の2社のみになります。また800万円を上限に設定しているのは、オリックス銀行、イオン銀行、りそな銀行、横浜銀行などの銀行系カードローンが占めます。消費者金融でキャッシング上限金額が高いのは、アコムやアイフルの500万円です。

上限金額でローン会社を決める際の注意点としては、消費者金融の場合は総量規制の対象となり、年収の3分の1までしかお金を借りることができないので、いくら上限金額が高くても、借りることができないことがあるという点です。銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、年収を気にする必要はありませんが、審査が厳しい傾向があります。

また、キャッシングの上限額における金利比較も重要です。高額になりますので、金利が高いと返済が一苦労です。通常、その上限額に最低金利を設定していますので、すぐにわかると思いますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.