キャッシングしたいけど40代の利用者の割合はどれくらい?

40代の主婦です。今度、キャッシングを借りようかと思っています。でも、自分の年齢が気になります。最近のテレビのコマーシャルなんか見ていると、若い女性も結構、利用しているように見えます。実際のところ、キャッシングで借りる人って、何歳くらいの人が多いんでしょうか。私みたいな40代が少ないとすれば、私は特別なのでしょうか。

キャッシングの利用者は30代40代が結構多いわよ

ある統計で見てみましょうね。まず、キャッシングの利用者は、国民全体のどれくらいいるかしら。10人のうち1人が利用しているそうよ。多すぎるのか、少なすぎるのか。見方によるわね。バブルの崩壊とか、リーマンショックとかあって、不景気が続いているせいで、利用者は増えているそうよ。借金のイメージも明るくなって、昔みたいな悲劇は減っているそうだわ。

それから、利用者のうち、女性の割合はどれくらいかしら。利用者全体の3割、4割を占めるそうよ。全体の半分弱は、女性なのね。時代は変わったわ。女性が仕事に就くようになったわ。消費者金融も、男性並みに利用するようになったようね。今では、女性の割合が増えているそうよ。
(⇒女性にも使いやすくなったキャッシング

それじゃあ、キャッシングの利用者は、どの年齢層が一番多いのかしら。30代、40代が最も多いそうよ。全体の50%を超えているそうよ。以前はどうだったのかしら。キャッシングがサラ金と呼ばれていた頃は、その名の通り、サラリーマンが多かったようね。その後、20代の利用者も増えているそうよ。時代の風潮が変わって、若い世代の利用が増えたようね。だから、自分が40代だからって、気にする必要はないと思うわ。

30代、40代が多いのは、年配者に比べて、若い世代の方が、収入が相対的に少ないことも原因かもしれないわ。ある程度、貯蓄が増えると、利用も少なくなるようね。30代、40代の人たちは、社会の第1線で活動しているわ。働き盛りとも言えるわね。生活費、交際費、教育費、その他の経費が、何かと必要になるようね。

40代のキャッシングの利用割合はどのくらい?

誰もが気になるキャッシングですが、40代の利用者というと全体からしてどのくらいの割合なのでしょうか?40代というと、一番お金が必要な時期です。サラリーマンなら毎月月収以上の出費がありますし、住宅ローンや子供の学費などがのしかかってくる時期です。

キャッシングをする人も年々増加傾向にあるとされています。全体では1200万人ですから、日本人の10人に一人はキャッシングを利用していることになります。男女別を見るとやはり男性のほうが多くなっていますが、女性専用ローンも登場しています。金額よりも利用件数を考えてみると、もはや同じくらいの利用者数に近づいているといってもいいでしょう。

さて、40代のキャッシング人口は、全体の割合でいうと、最も多い部類に入っています。実は若い頃に申し込みをしていたけれど一度も使うことなく、結婚してから利用することが多くなった、こういう人がとても増えています。だから、40代になって、再び新しいカードを申し込んだり、昔申し込んだカードを再び使い出し、利用限度額を増額している、などといった使い方もよく見られます。

20代、30代の若いときと、40代になってからとでは、利用の理由も少し違うことが挙げられます。若い頃は、利用したとしても小額で次の月か給料が出たときに全て返済してしまうことが多いわけですが、それ以上の年代にあっては、逆に数ヶ月といった中期で借りることも多くなっています。そして、ボーナスが出たときに一気に返済することで、家計の帳尻を合わせているものと考えられています。

キャッシングの利用目的が多いのが、生活費の補填や交際費のための支出です。こうした支出は避けられないものです。人脈が多く、付き合いの多い人ほど、交際費が膨らみます。そのあおりを受けて、生活費にしわ寄せがくるといった構図が浮かんできます。毎月の収入はほぼ一定ですから、自分の収入以上の支出はできるだけ控えるようにしなければなりません。
(⇒お金を借りるなら計画的に

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.