キャッシング審査は、未成年だと落とされてしまいますか

未成年なのですが、訳あってどうしても融資を受けたいのです。キャッシング審査は、未成年だと落とされてしまいますか?融資限度額は低くても構いませんので、教えて頂けないでしょうか。何卒よろしくお願いします。
(⇒審査基準からお金を借りられるかどうかを考える

未成年の方ならば、学生キャッシングが利用できるまで待ちましょう

未成年の方であれば、成人するまで待ち、学生キャッシングというサービスを契約しましょう。これは一般の消費者金融と同様、20才以上で、且つ安定した収入さえあれば、学生の方でも契約可能となっています。また、大手消費者金融でもアイフルは、以上2つの条件さえ満たしていれば、学生への融資を承っています。今は堪えて、少し待ってみては如何でしょうか?

中には未成年でも契約が可能なキャッシングサービスが御座いますが、それらは基本的にヤミ金業者と同じように、悪質な金利やサービスで利用者を貶めるのが目的です。「未成年でも融資可能」といった触れ込みで宣伝をしていても、決して利用しないよう注意して下さい。一度利用をすれば、仮に完済できたとしても、個人情報が渡ってしまいます。

現状、未成年の方が消費者金融や銀行から融資を受けることは不可能です。仮に受けられたとしても、それは十中八九真っ当な企業ではありません。どうしてもお金が必要なら、企業ではなく、家族や親しい友人を頼って下さい。また、使途が物欲やギャンブル、いかがわしいお店なら、我慢をしましょう。

未成年がキャッシング審査に申し込む事が出来ない理由とは?

個人消費をサポートするための商品として多くの金融業者が提供しているキャッシングは、20歳以上の安定した収入を持つ人という事を条件としています。安定した収入を持つ人とは正社員という事ではなく、継続して収入を得ているという意味です。このために、アルバイトや派遣社員であっても20歳以上で継続して収入を得ている場合は、キャッシング審査に申し込む事が出来ます。

学生や主婦であっても、アルバイトや派遣社員等で継続して収入を得ていれば、条件を満たしている事が認められます。また、銀行系のキャッシングの場合は、自身では収入を得ていない専業主婦も申し込み対象に含んでいる場合もあります。キャッシングのルールである毎月指定の金額を遅れずに返済できるという事が可能な状況にある場合は、柔軟な対応がとられています。

ただし、未成年者の場合は、キャッシング審査の申し込み対象からは外れているのが一般的です。これは、民法の第5条の第1項に、未成年者が法律行為を行う時は法定代理人の同意を得ねばならず、この規定に反した法律行為は取り消す事が出来るとされているのが関係しています。

つまり、未成年者がキャッシング審査に合格したとしても、単独で契約手続きを完了させる事が出来ないという事になります。未成年という事が明記されているので、例え正社員として十分な収入があったとしても同様です。契約手続きを完了させたとしても、後に無効にされる可能性があるからです。

法律的には、法定代理人が同席している場合は法律行為を行う事が出来るという事になりますが、ほとんどの業者はこれを採用していません。キャッシングは担保や保証人を必要としない商品であり、担保や保証人無しでキャッシング審査に申し込める人だけを対象としています。つまり、法定代理人という保証人が必要となる未成年者は、キャッシング審査に申し込む条件を満たしていないという事になります。このために、学生であっても成人している場合は、保護者の同席等が求められる事はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.