キャッシングローンの審査を通る人と通らない人の違いは

キャッシングローンの申し込みを考えています。キャッシングローンの審査を通る人と通らない人の違いは、一体何なのですか?落ちたからといって、すぐに次の申し込みをするのも良くないと言いますし、融資のお申し込みは初めてなので、不安に駆られています。

初めてならば、滅多なことでは落とされたりはしません

審査を通る人と通らない人の違いですが、まずカード会社や消費者金融、銀行などから融資を受けるにあたって、最も基本的な条件が、「20歳以上」である事と「定期的な収入がある事」の2つです。これはほとんどの方が大丈夫でしょう。曲者なのが、審査に於ける勤務先への在籍確認です。例えば部署ではなく代表番号をお申し込み時に記入してしまうと、電話を受ける者によっては即切りされてしまうケースも発生してしまいます。
(⇒融資審査に通る為に最低限知っておきたい事

また、総量規制という決まりはご存知でしょうか?これは年収の1/3以上の融資を禁止する法律で、もし他社からの借り入れがあると、そちらも合算されてしまいます。合算された合計が年収の1/3を上回っていた場合、運が悪いと審査はアウト。運が良くても、希望する限度額を引き下げられてしまいます。今後、新たに審査を受ける場合は注意をして下さい。

勤務先への在籍確認と総量規制、この2点で引っ掛かる方がとにかく多いです。逆にこの2点さえクリアすれば、審査は通ったも同然という訳です。また、お申し込み時の誤字脱字、記入漏れにも気を付けておきましょう。場合によっては虚偽の申告をしたと見なされてしまいますので、推敲を欠かさないように。

キャッシングやローンで審査に通る場合と通らない場合がある

キャッシングやカードローンでなかなか審査が通らない、という方もいらっしゃるかもしれません。

キャッシングもカードローンも公に審査項目が公表されてはいませんが、一般に返済能力があって過去に金融事故を起こしたことがなければ、大体は審査に通るものです。したがって審査に通らないということになれば、返済能力が極端に低い、もしくは過去に重大な金融事故を起こしたかのどちらかです。あるいは、その両方がひっかかる人もいるかもしれません。

いずれにしても審査に通るためには、まず過去に金融事故を起こしていないこと、そして返済能力をもつことが必須となります。銀行はともかく消費者金融系のキャッシングなら、雇用形態は重大な要素とはなりません。正規雇用でなくてもパートやアルバイトであっても、継続的な収入があれば返済能力の基準を満たすことができます。

現在無職にある人は、それだけで審査に通ることは難しくなります。よってまず、一定の継続した収入が得られる仕事に就いて、そのうえで再度申込みを行うようにしましょう。派遣でもパートでも継続的な収入が認められれば、返済能力があると判断されます。

すでに過去に金融事故を起こしたことのある人は、新規でキャッシングサービスを利用することは難しくなります。銀行はもちろんですが、大手の消費者金融でも利用は難しいといえるでしょう。その場合、中小の金融会社に申し込んでみることです。中小の金融会社なら大手ほど審査が厳しくはありませんし、新規顧客の獲得を目指す業者が多い分、利用しやすくなります。

審査になかなか通らない場合、他社からの借入件数が許容オーバーしている可能性があります。総量規制の対象になる金融会社の場合、申込者の年収の3分の1までしか融資ができません。したがってすでにその範囲を超える借入がある人間については、審査を通過させることができません。自らの借入状況がどうなっているか、事前にチェックしてみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 キャッシング選びをスピード解決!《優良業者》をランキング! All Rights Reserved.